GPD Pocketレビュー、持ち運びに便利なUMPC(ウルトラモバイルパソコン)最小パソコン

待ちに待った、GPD Pocketが本日DHLで香港から到着。発送通知の連絡が携帯に来てから翌日に届くという早業。私はオーストラリアに在住です。簡単ですが、7インチのWindows10モバイルノートPC【GPD Pocket】のレビューです。大当たりの商品ですよね。プライベートはもちろんの事、ビジネスユーズにオススメできるコスパも最高の一台だと思います。

GPD Pocketのレビュー。世界最小のウルトラモバイルパソコン

はっきり言って衝動買いでした!クラウドファンディングのIndiegogoで中国のGPD社が出資者を募っているとの情報を知ったのがきっかけでした。何気なく見たサイトで、最初はあまり買うつもりはなかったのですが、説明を見ているうちに気が付いたら出資者に!結論を言うと大当たりでした。

 

広告

私は現在hp【ヒューレット】のノート2台、Chromebook、東芝のノートを保有しています。
メインで利用しているのは、hpのノートをデュアルモニターで。
 
いつも次こそは、Macbook Proの購入をと考えているのですが、世界最小サイズのモバイルノートと言うのについ惹かれて、GPD pocketを購入してしまいました。
 
スペックを書いておきますね。
 
 
8GBメモリ・128GB 内部ストレージを搭載。
 
 
CPU は、Atom  Z7850搭載。されているCPU でメモリは8gもあると言う素敵なスペック!
 
  GPD Pocket Apple MacBook Air Microsoft Surface 3
OS Windows10/Ubuntu macOS Sierra

Windows8.1

CPU Quad-core Dual-core Quad-core
RAM 8GB 8GB 4GB
Storage 128GB 128GB 128GB
画面

1920 × 1200

7inch

1440 × 900

13.3inch

1920 × 1280

10.8inch

サイズ 180 × 106 × 18.5mm 325 × 227 × 17mm 267 × 187 × 8.7mm
重量 0.480Kg

1.35Kg

0.622Kg
バッテリー 12時間

12時間

10時間
価格

indiegogo $399

小売り $599

$1010

$580
 
 
Gpd pocket のフォトレビュー
 
外観は、マックっぽい??シルバータイプ
 
 
 
 
 
 
電源アダプターは、こちら
 
  
 
  
インターフェイスは、USB -Cが一つ
電源の他にmini hdmi もあり、イヤホンジャック、USB3.0があります。
 
 
 
 
⭐️キーボードは、特殊な配列だが、タイピング感がバッチリ
 
 
この7インチサイズのgpd pocket のキーボード配列は、少し特殊ですが、慣れれば問題ないでしょう。押した感触も、タイピング感がしっかり残るタイプ。この小ささを考慮すると最高の打ちやすい。
日本語入力切替は【ALT + ESC横の~】【shift + caps】 英語入力切替は【ALT + スピーカーのX】【shift + caps】 どちらでもオッケーですね。
 
 
⭐️ディスプレイは必要十分。結構な角度までフラットに!
 
 
ディスプレイは、1920 ✖️ 1080です。
思いのほか、綺麗でビックリしました‼️
 
結構な角度まで倒せるので、使い勝手が良いディスプレイです。もちろんタッチスクリーンです。
 
 

広告

GPD Pocket の良くない点

製品のレビューを書くときには、良いところだけではなく、1人のユーザーとしての良くなかった点も記載したいと思います。

 

キーボードの配列が変則的

まあ、慣れる事でましになるとは思いますが、やはり変則的なキーボードの配列が否めないのでは?

人によると思いますが、私は変則的な配列でも気にしないで使いたいと思います。

 

 

 インターフェイスのUSB-Cの位置関係

GPD Pocketのインターフェイスは右側に位置しています。USB-Cは一番後ろ側が良かったと感じます。

USB-Cで電源をとることになりますので、一番後ろが良かったかな。

 
 
 
しかし、開封して初期設定を無事に済ませ、
クロームやら、セキュリティやら設定を終了。
 
うん、とっても快適快適。
 
今のところ、問題はありません。
 
また数日使用してからの感想を記載していきたいと思います。
 

広告