アドセンスをスマホ表示へ・So-netブログでの設定方法を解説

アドセンススマホ

今回は、ソネットブログを利用している方へ、
アドセンスをスマホで表示させる方法について
解説したいと思います。

皆さん、それぞれなんらかのノウハウで勉強したと
思いますが、ほとんどがあまり触れていないはず。

それは、アドセンスのスマホ表示についてですね。

最初から独自ドメインを使ってワードプレスなどで、
サイトを運営している方は問題ありませんが、
So-net などの無料ブログを利用している方は
注意が必要です。

So-net ブログを利用してトレンドアフィリエイトを
運営している方の多くは、最初の設定でレイアウト
の HTML をカスタマイズしてアドセンスコードを
貼りつけたりしたと思います。

もちろん、これはこれでいいのですが、
これだとスマホでアクセスした訪問者には
せっかくのあなたのアドセンス広告が表示
されないんですね。

 

スマホにアドセンスを表示させる方法

結果から言いますと、作成した記事に対して
手動でアドセンスコードを貼りつけるだけです。

これを聞くと、いちいち面倒だと思われるかも
知れませんが、慣れるとほんの10秒ほどで
終わってしまいます。

まずは、アドセンスコードを取得しましょう。

自分のグーグルアドセンスアカウントにログインし、
広告の設定」 をクリックします。

22-1

 

次に 「新しい広告ユニット」 をクリックします。

22-2

 

名前の箇所に、任意の名前を入力します。

広告のサイズはスマホの場合は
300 × 250 のサイズがいいです。

最後に 「保存してコードを取得」 をクリック。

23-1

 

コードを取得したら、そのコードをソネットの
ブログ記事に貼りつけるだけです。

 

ブログへの貼り付け方

コードを取得したら、メモ帳にコピーして、
いつでもすぐに呼び出せるようにしておきます。

So-net ブログの記事作成画面で記事を書きます。
基本的には、全部の記事を書いた後に
アドセンスを貼りつけるのでは無くて、
記事作成途中で貼りつけてあげる様にします。

記事作成後に貼りつける場合、
HTML 画面に貼り付けを行うので、
慣れないとどこに貼りつけるのか
分からなくなります。

まずは、記事入力画面の右上にある
HTML」 のアイコンをクリックします。

 

23-3

 

HTML」 編集画面が表示されますので、
この文中の最後に先ほど取得した
アドセンスコードを貼りつけます。

コードを貼りつけましたら、最後に忘れずに
挿入」 をクリックしましょう。

また、必ず忘れてはならないのが、
スポンサーリンク」 と言う文字列の入力か、
Sponsored Link」 英語の入力をします。

「HTML」 の編集で入力する場合は、
コードの挿入前に下記の様な入力です。

スポンサーリンク<br/>

24-1

 

アドセンスコードの挿入が完了したら、引き続き
記事を仕上げてください。

ポイント

スマホ表示用にアドセンスを貼りつける場合は、
記事の作成途中に貼りつけてあげましょう。

 

また、メモ帳などにアドセンスコードを
貼りつけておくと時間がかなり短縮されます。

25

注意する事

アドセンスを貼りつけられるのは、1つのページに
対して特別な措置が無い限り3つまでです。

下克上などの実践者さんは、最初のノウハウで
サイドバーと記事下にアドセンスを挿入する
ノウハウになっていると思います。

その場合は、あと1つしかアドセンスを貼ることは
できませんので、注意してください。

私は基本的にサイドバーにアドセンスはいらない
と思っています。

では、もしわからないことがあればサイトから
お問い合わせしてください。

 

※追記

2016年8月中旬から広告設置数の上限が撤廃

されました。

今までは一つのページに、3つまでしか設置

出来ませんでしたが、今後は4つ以上の設置が

可能になりました。

 

1

 

上記の画像が新しくなった広告数の内容です。

基本的に広告の設置数については、

触れられていないという事です。

という事は、

サイト運営者にお任せします!という事の様です。

 

 

 

以前は下記の様にはっきりと広告数が記載されて

います。

 

2

 

 

関連記事はこちらです!!