AdSense Managerの使い方・アドセンス広告を記事中に表示する方法・賢威・表示されない場合の解決法

adsense1280

この記事はワードプレスプラグインの AdSense Manager について解説してあります。 これを利用する事により、アドセンス広告を任意の場所に 表示させることが可能になります。

AdSense Manager のインストール

まずはダッシュボードから 「プラグイン」 → 「新規追加」 をクリックします。 2 検索窓にて 「AdSense Manager」 と入力します。 1   検索結果で目的のプラグインが表示されたら、 いますぐインストール」 をクリックしましょう。 2   インストールが完了したら、忘れずに 「プラグインを有効化」 を忘れずにクリックしましょう。 3   プラグインの一覧にはこのように表示されているはずです。 4    

AdSense Manager の設定

まずは、ダッシュボードから 「投稿」 → 「Ad Units」 をクリックします。 インストールが完了すると、「投稿」 の選択部分に Ad Units」 という項目が新たに追加されています。 6   次に、下記の画面が表示されますので、赤枠部分に自分の Adsense コードを貼りつけします。 7   Adsense コードを貼りつけるとこのような感じなります。 そして、忘れずに 「Import」 をクリックします。 ※アドセンスタグを貼りつけるときには、忘れずにスポンサーリンクの表示も一緒に貼りつけましょう。 <div align=”center”>Sponsored Link<p> この中にアドセンスコードを貼りつけます。 </p></div> 9   次に、下記の画面が表示されます。 まず、Ad Unit の箇所で名前を入力します。 ここでは、わかりやすくするために 「ad-01」 とします。 そして、下の方にある Display Options では、 全部の項目を 「Use Default」 から 「Yes」 に変更します。 よく、アドセンス広告が表示されないという現象が起きる原因の ほとんどがこの設定を間違えているからです。 12 忘れずに 「SAVE CHANGES」 をクリックします。

AdSense Manager の使い方

次にこのプラグインの使い方を解説していきます。 簡単にいうと、記事内のアドセンスを挿入したい場所で、 ad#ad-01」 とタグを挿入するだけになります。 簡単ですね。   注意する点としては、アドセンスのタグを挿入する場合、必ず [    ]  を付けましょう。 15     これを確認してみると、このようにきちんとアドセンスが表示されていますね。 16      

関連記事はこちらです!!